東洋技研コンサルタント

RECRUIT 採用情報

採用情報

技術者としての「夢」や「目標」を持っている方を求めています

私たちの仕事は、市民の皆さんが安全で安心して暮らせるよう、より良い社会資本を造りあげること。 1956年の創業以来、この思いは変わりません。 道路構造物等の計画・設計を手始めに、今では保全、鉄道、街づくり、河川・砂防、防災、発注者支援など、手掛ける分野も多岐に渡っています。 私たちは、高い技術とコミュニケーション力、プレゼンテーション力を駆使して、事業の目的を理解した上で、住民の皆さんのニーズ、地形や地質、環境の変化などを踏まえ、納得いくまで計画を練り直して最も適切な提案を行います。 だからこそ、設計した構造物が完成した時、利用する皆さんの笑顔を見た時、他では味わえない達成感があります。 技術者としての「夢」と「目標」を持って取り組める方なら、決して難しい仕事ではありません。 皆様からの応募をお待ちしております。

01
採用担当者からのメッセージ

採用情報をご覧いただきありがとうございます。
さて、新卒求人でよく耳にするのが、「建設コンサルタントは専門性が高く、難しい仕事ですか?」との質問です。 確かに、専門性を持ったサービスを提供するのが仕事ですが、誰もが初めから建設コンサルタントとしての力を身に着けている訳ではありません。
日々のプロジェクトの遂行の中で一つずつ自分の“もの”にして成長していきます。当社ではこれをサポートするために、「業務発表会」、「品質向上のための講習会」「技術士資格取得勉強会」などの社内講習や社外技術講習会の聴講などの研修の機会を提供したり、プロジェクトマネージャーを育成するためのスキルアップ・マネジメント研修制度を設けています。 土木は経験工学と言われています。
謙虚な気持ちで人の話をよく聞き、研鑽を積むことを惜しまない方であれば、建設コンサルタント技術者として成長することができます。  また、当社は創業以来どこからも影響を受けない独立した企業経営を維持すると共に、新たな分野にチャレンジしています。ですから、誰にもチャンスがあり、自由に議論できる環境の中でこれまで培ってきた経験をいかんなく発揮して頂くことができます。 是非、当社で建設コンサルタントとしての最初の一歩、新たな一歩を踏み出して下さい。

02
東洋技研コンサルタントについて

当社は、1956年に土木設計事務所として大阪の地で創業、1963年に大阪設計コンサルタンツ株式会社として法人となりました。ちなみに、当社のロゴマークはOsaka Civil Engineersを図案化しています。法人化の後、札幌・東京・名古屋に現在の支社を設置、現社名への変更、ISO9001・ISO14001の認証取得を経て現在に至ります。創業当時から手掛ける道路交通系インフラの調査・計画・設計・点検を得意とし、培ってきた技術力で全国の様々な社会資本の整備に参画、貢献してきました。 創業当時より土木技術者の集団として個々を尊重し、オーナーや親会社の無い独立した企業として、真心を持って公正、公平な立場で建設コンサルタントの活動を推進して来ました。 また、建設省(現 国土交通省)が設けた建設コンサルタント登録制度には、1964年の制定初年度から登録すると共に、社団法人(現 一般社団法人)建設コンサルタンツ協会近畿支部の設立にも係わり、長年にわたり支部役員を担って建設コンサルタントの地位向上に努めてきました。 これらの活動が、現在の信頼につながっています。

03
入社後のキャリア

新卒入社後の2年間は、本社(大阪)での勤務になります。この間に、困った時に頼る社内の人と人との繋がりを育て、先輩社員の下でプロジェクトの流れを覚えると共に、知識を広げるための社内外の技術研修に参加して建設コンサルタント技術者の基礎を学びます。この期間の後は、本人の希望や適性を勘案した上の異動で、出身地に近い事業所(本社または各支社)で地元に貢献することも可能です。

ここからが、技術力を積み上げるための本格的な実践となります。
プロジェクトを管理する技術者や主担当技術者の指導の下でプロジェクトの着手から完成まで係る中で、自ら計画・設計を行ったり後輩の指導を積み重ね、複数のプロジェクトを同時に動かす建設コンサルタント独特の業務の進め方を学びます。併せて、技術士などの資格取得を目指す勉強会に参加したり、担当者として行政や施工の進め方を直接みることもあります。
入社後10年程度になると、主担当技術者となってプロジェクトの遂行に采配を振るい、チームを率いることで技術者としての実績を積みます。
技術士やRCCMの資格取得後には、管理技術者となってプロジェクトの責任者としての実績が加わります。
また、この頃になると、土木学会や建設コンサルタンツ協会などでの社外活動に参加することもあり、社外での人と人のつながりを造る機会も生まれます。
この後は、積み上げてきた経験を基に、技術を極めることや、会社の舵を取ることを目指して、さらなる研鑚に励んでください。
業務を遂行する上でコミュニケーションは重要
業務を遂行する上でコミュニケーションは重要。各々がスペシャリストとして意見を出し合い、仕事のクオリティを高めていきます。
業務を遂行する上でコミュニケーションは重要
技術者が安心して業務に取り組めるよう私たちがバックアップします。会社全体として新入社員を支える土壌が当社にはあります。

04
業務の流れ

私たちが取り組むプロジェクトの流れは、右図のとおりです。
キャリアを積めば係わる範囲が広がります。

  1. その1仕様書を確認し、プロジェクトの目的を把握
  2. その2技術提案書の作成(公表された発注内容・資料を踏まえ、課題の解決方法などを提案する)
  3. その3特定されると受注
  4. その4基本計画書の作成(プロジェクトの進め方、工程などの基本方針を計画)
  5. その5発注先との設計協議(プロジェクトの目的、基本方針の確認)
  6. その6既存資料(測量結果、地質調査結果、前段階設計の結果など)の理解と整理
  7. その7計画・設計のための課題を抽出する
  8. その8抽出した各課題を克服するための検討を行う
  9. その9発注先との設計協議(課題解決策の承認を受ける)
  10. その10本設計(設計計算や設計図面の作成、工事発注のための数量を算定)
  11. その11発注先との設計協議(設計結果の承認を受ける)
  12. その12報告書のとりまとめ
  13. その13納品
  14. その14完了検査の受検(プロジェクトの目的に合致しているか、
    契約の成果物があるかなどを検査される)

05
先輩社員の声

幅広い視野や知識を活かせる!好奇心旺盛な私にピッタリの仕事です!!

2015年4月入社 源田 早也佳

  • 大阪本社 技術第2部 技術課
  • 徳島大学 先端技術科学教育部 知的力学システム工学専攻卒

建設コンサルタント黎明期から、先進的な取り組みと高い技術力により業界を牽引する東洋技研コンサルタント。公共事業の中でも道路を中心に橋梁・鉄道・河川・砂防・トンネルなどの交通系インフラ整備に特化しており、各分野で技術士として長く活躍するスペシャリストを多数抱えている。今回は新入社員である源田さんに同社の魅力、建設コンサルタントの魅力を存分に語っていただいた。

実は、建設コンサルタントに良いイメージを持っていませんでした…

rec2大学院でコンクリートの研究を行っていたこともあり、道路づくりに興味を持っていました。「この道路はどんな意図で造られたのか?」なんてことを考えるのが好きな学生でしたね。就活時も道路をつくるという観点でゼネコンと建設コンサルタントが選択肢にありましたが、学生時代の私が持っていた建設コンサルタントのイメージは「ピリピリした雰囲気の中で、黙々と図面を引く」というもの。自分のことを明るく活動的だと思っている(笑)私には合わないと思っていたのです。そのため、当初はゼネコンを中心に就活をスタートしたのですが、面接を重ねるごとに違和感を持つようになりました。まず、現場色の強いゼネコンでは体力も必要であり、女性が活躍するには相当な覚悟が必要であるということ。次に、私は決まっているものをつくるのではなく、「ものづくり・まちづくり」にイチから関わりたいのだということ。この2点によりミスマッチを感じてきたのです。

そこで、道路の計画・調査から設計まで幅広く関われる建設コンサルタントも受けてみようと思い、東洋技研コンサルタントに出会いました。就活で初めて「ココは私に合っている」と感じることができた会社です!入社の決め手になったのは「本音でなんでも言い合える社風」ですね。選考中に部長とお話しさせていただいたのですが、私のイイところや悪いところ、そして会社のイイところも悪いところも、その全てを当たり前のように話して下さったのがとても印象に残り、建設コンサルタントに対するイメージも180度変わりました。ちなみに、入社前後のギャップもほとんどありません。

そんな私が、絶対に学生さんに伝えたいのは、「建設コンサルタントは本当に魅力的な仕事だ!」ということ。業務領域は多岐に渡り、打合せなども多いため、黙々と作業を続ける仕事ではありません(笑)。また、社内の雰囲気も穏やかで、ピリピリした感じは全くありませんよ(当社だからかもしれませんが…)。

全部署を見学の後に配属決定!建設コンサルタントの魅力の一片を体感!

rec3入社後は2か月程かけて社内の全部署を周ります。仕事の内容や雰囲気を掴み、配属時の参考にするためです。大学院でコンクリートの研究に没頭していた私ですが、本質的には一つのことを突き詰めて行うタイプというよりは、様々なことに関心を示すタイプだと感じ始めていました。会社はそんな私の意向も反映して下さり、研究内容に合致する道路・橋梁などの維持補修を行う部門ではなく、幅広い視野が求められる道路計画を主体に行う現在の部署に配属となりました。

所属部署は20代~30代前半の社員が多いこともあり、とても話しやすい雰囲気です。質問をすれば期待以上の答えを下さるので、本当にありがたいですね。ちなみに、当社は大手企業でもなかなか手にできない「国土交通省の局長賞」を受賞しているほど、技術力には定評があります。それは、長い歴史の中で業界に先駆けて高度な計算機を導入したり、自社内で研究室を構えたりと、数々の先進的な取り組みの結果だと思います。社内にはハイレベルな技術を有した先輩方が多数在籍しており、自己研鑽の意味でも最高の環境だと思います。

とりわけ、発注者との協議(打合せ)時に先輩方の凄さを実感します。あらゆる質問に対して適切に回答されている姿を見ると、「早くこんな風になりたい」と勉強意欲も高まりますね。先日の協議時も、道路の設計に関する質問が出た際に、最先端の設計手法を踏まえて提案されていました。同行させていただく度に新たな発見があり、大変勉強になっています。

やりたいことが盛りだくさん。まずは技術士の資格を取り、将来的にはでっかい仕事がやりたいです!

rec4現在は部長や主担当である先輩のもと、発注者との協議への同行、協議資料の作成や測量に関わるチラシ・道路計画に関わるパンフレット作成などを行っています。また、一部ではありますが企画提案する機会もあり、つい先日も渋滞箇所についての検討・検証施策を提案しました。幹線道路なので左折車も右折車も多い交差点で、且つ周辺の道が蛇行しておりスピードも出ないという問題箇所です。そんな中、信号の点示時間を調整し、常時左折ができるようにするという提案を行ったのですが、見事この案が採用に!自分の力で僅かながらも社会の役に立てたと思える、嬉しい出来事でした。

これからの近い目標として、技術士の資格取得を目指しますが、あくまでもそれは通過点。早く主担当として責任のあるポジションで仕事をしたいですし、具体的な案件で言えば、駅前広場や公園の計画もやりたいですね。さらに将来は、とにかく大きな仕事がしたいです。あと、2020年の東京五輪にも関われたら嬉しいです。ということで、やりたいことは山積み状態なのですが、まだまだ技術も知識も伴っていません。先輩から言われているのは「入社して3年は苦労しろ」ということ。その言葉通り、悪戦苦闘の毎日です。

ただし、間違いなく言えることは「建設コンサルタントって面白い!」ということです。幅広い視野と知識、そして経験を活かし、発注者(国・地方)の想いをカタチにする。計画・調査・設計など、公共事業に幅広く関われる、好奇心旺盛な私にとってはまさに天職だと思います。

最後に、繰り返しにはなりますが、就活を控えた学生さんに対して、声を大にして言いたいです。 「建設コンサルタントってメッチャ魅力的な仕事ですよ!!」

【職場の雰囲気は?】メリハリのある、とても働きやすい職場ですよ!

rec5どうしても仕事の波がある業種なので、忙しい時は大変です。ただ、とてもメリハリがある職場です。仕事をやる時はやる、休む時は休む。そして飲みに行くときは飲みに行く(笑)そんな環境を気に入っています。また、面倒見の良い先輩ばかりで頼りがいがありますし、明るい雰囲気も自分に合っていると思います。

あと、クラブ活動も熱心で、私もこの間、フットサルの試合に参加しました!
身体を動かすのは久しぶりで節々は痛かったのですが(笑)、とても楽しく、ストレス発散になりましたね!

このような恵まれた環境で働けていることに感謝、感謝です!

先輩社員の声つづきを読む

06
技術者の出身校

下記の大学院、大学の先輩が在籍しています。

  • 金沢大学大学院
  • 関西大学大学院
  • 近畿大学大学院
  • 佐賀大学大学院
  • 徳島大学大学院
  • 鳥取大学大学院
  • 福井大学大学院
  • 山梨大学大学院
  • 立命館大学大学院
  • 大阪市立大学
  • 大阪工業大学
  • 香川大学
  • 関西大学
  • 北見工業大学
  • 九州共立大学
  • 九州産業大学
  • 京都大学
  • 近畿大学
  • 熊本大学
  • 国士舘大学
  • 芝浦工業大学
  • 信州大学
  • 大同工業大学
  • 東京都立大学
  • 東北学院大学
  • 徳島大学
  • 鳥取大学
  • 豊橋技術科学大学
  • 長崎大学
  • 名古屋工業大学
  • 日本大学
  • 福山大学
  • 北海道大学
  • 北海道工業大学
  • 北海学園大学
  • 名城大学
  • 立命館大学

07
社内クラブ

私たちの会社では、日々の仕事以外にこんな事を行っています。

野球チームがあります
他の草野球チームとの試合や、建設コンサルタンツ協会近畿支部の大会に出場しています。
フットサルチームがあります
主には、建設コンサルタンツ協会近畿支部の大会で活躍しています。
女子職員懇談会
年に1回、技術部、事業推進部、総務部に在籍する女子職員と役員の懇談会を開催しています。男どもが気づかない事、職場環境などが話題になります。