東洋技研コンサルタント

COMPANY

社長挨拶

東洋技研コンサルタント株式会社 代表取締役 社長執行役員 宮下 典嗣
東洋技研コンサルタント株式会社 代表取締役 社長執行役員 宮下 典嗣

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

東洋技研コンサルタント株式会社は1963年4月の創立以来、社会資本整備に携わって参りました。 まもなく創立60周年を迎えます。
会社の寿命は20年とも30年とも言われていますが、弊社はその寿命の何倍もの間企業活動を続けています。これは、時代の変化とともに当社も変化を成してきたからこそだと考えております。

近年の我が国は、人口構造の変化、激甚化・頻発化する自然災害、そしてコロナ禍と、これまでに経験したことの無い変化の時代になっています。
アフターコロナでは、誰もが想像していなかった世界の状況、我が国の状況になっているかもしれません。
この状況がどのような状況であれ、弊社はその状況に応じた変化を成していかなければなりません。 しかし、世の中がどのように変化したとしても変化してはいけないものがあります。 “質”です。 常にお客様に満足頂ける成果品の“品質”、成果品を作り上げるまでの間お客様と直接やり取りをする社員やこれらの社員を社内でバックアップする社員の“資質”、これらの“質”は常に高いレベルを保ち続けなければなりません。

そのために、常に各々の社員が研鑽を積み重ね、高いレベルの“質”を保ちつつ、世の中の変化に追随した東洋技研コンサルタント株式会社であり続けます。 そして、今後も引き続き社会資本整備に携わらせて頂くことで、国民の安全・安心な生活を支える一助になっていきたいと考えている所存です。

お客様はもとより、協力会社の方々、諸先輩の方々におかれましては、今後とも、より一層のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。