東洋技研コンサルタント

RECRUIT 採用情報

採用情報

技術者としての「夢」や「目標」を持っている方を求めています

私たちの仕事は、市民の皆さんが安全で安心して暮らせるよう、より良い社会資本を造りあげること。 1956年の創業以来、この思いは変わりません。 道路構造物等の計画・設計を手始めに、今では保全、鉄道、街づくり、河川・砂防、防災、発注者支援など、手掛ける分野も多岐に渡っています。 私たちは、高い技術とコミュニケーション力、プレゼンテーション力を駆使して、事業の目的を理解した上で、住民の皆さんのニーズ、地形や地質、環境の変化などを踏まえ、納得いくまで計画を練り直して最も適切な提案を行います。 だからこそ、設計した構造物が完成した時、利用する皆さんの笑顔を見た時、他では味わえない達成感があります。 技術者としての「夢」と「目標」を持って取り組める方なら、決して難しい仕事ではありません。 皆様からの応募をお待ちしております。

01
採用担当者からのメッセージ

採用情報をご覧いただきありがとうございます。
さて、新卒求人でよく耳にするのが、「建設コンサルタントは専門性が高く、難しい仕事ですか?」との質問です。 確かに、専門性を持ったサービスを提供するのが仕事ですが、誰もが初めから建設コンサルタントとしての力を身に着けている訳ではありません。
日々のプロジェクトの遂行の中で一つずつ自分の“もの”にして成長していきます。当社ではこれをサポートするために、「業務発表会」、「品質向上のための講習会」「技術士資格取得勉強会」などの社内講習や社外技術講習会の聴講などの研修の機会を提供したり、プロジェクトマネージャーを育成するためのスキルアップ・マネジメント研修制度を設けています。 土木は経験工学と言われています。
謙虚な気持ちで人の話をよく聞き、研鑽を積むことを惜しまない方であれば、建設コンサルタント技術者として成長することができます。  また、当社は創業以来どこからも影響を受けない独立した企業経営を維持すると共に、新たな分野にチャレンジしています。ですから、誰にもチャンスがあり、自由に議論できる環境の中でこれまで培ってきた経験をいかんなく発揮して頂くことができます。 是非、当社で建設コンサルタントとしての最初の一歩、新たな一歩を踏み出して下さい。

02
東洋技研コンサルタントについて

当社は、1956年に土木設計事務所として大阪の地で創業、1963年に大阪設計コンサルタンツ株式会社として法人となりました。ちなみに、当社のロゴマークはOsaka Civil Engineersを図案化しています。法人化の後、札幌・東京・名古屋に現在の支社を設置、現社名への変更、ISO9001・ISO14001の認証取得を経て現在に至ります。創業当時から手掛ける道路交通系インフラの調査・計画・設計・点検を得意とし、培ってきた技術力で全国の様々な社会資本の整備に参画、貢献してきました。 創業当時より土木技術者の集団として個々を尊重し、オーナーや親会社の無い独立した企業として、真心を持って公正、公平な立場で建設コンサルタントの活動を推進して来ました。 また、建設省(現 国土交通省)が設けた建設コンサルタント登録制度には、1964年の制定初年度から登録すると共に、社団法人(現 一般社団法人)建設コンサルタンツ協会近畿支部の設立にも係わり、長年にわたり支部役員を担って建設コンサルタントの地位向上に努めてきました。 これらの活動が、現在の信頼につながっています。

03
入社後のキャリア

新卒入社後の2年間は、本社(大阪)での勤務になります。この間に、困った時に頼る社内の人と人との繋がりを育て、先輩社員の下でプロジェクトの流れを覚えると共に、知識を広げるための社内外の技術研修に参加して建設コンサルタント技術者の基礎を学びます。この期間の後は、本人の希望や適性を勘案した上の異動で、出身地に近い事業所(本社または各支社)で地元に貢献することも可能です。

ここからが、技術力を積み上げるための本格的な実践となります。
プロジェクトを管理する技術者や主担当技術者の指導の下でプロジェクトの着手から完成まで係る中で、自ら計画・設計を行ったり後輩の指導を積み重ね、複数のプロジェクトを同時に動かす建設コンサルタント独特の業務の進め方を学びます。併せて、技術士などの資格取得を目指す勉強会に参加したり、担当者として行政や施工の進め方を直接みることもあります。
入社後10年程度になると、主担当技術者となってプロジェクトの遂行に采配を振るい、チームを率いることで技術者としての実績を積みます。
技術士やRCCMの資格取得後には、管理技術者となってプロジェクトの責任者としての実績が加わります。
また、この頃になると、土木学会や建設コンサルタンツ協会などでの社外活動に参加することもあり、社外での人と人のつながりを造る機会も生まれます。
この後は、積み上げてきた経験を基に、技術を極めることや、会社の舵を取ることを目指して、さらなる研鑚に励んでください。
業務を遂行する上でコミュニケーションは重要
業務を遂行する上でコミュニケーションは重要。各々がスペシャリストとして意見を出し合い、仕事のクオリティを高めていきます。
業務を遂行する上でコミュニケーションは重要
技術者が安心して業務に取り組めるよう私たちがバックアップします。会社全体として新入社員を支える土壌が当社にはあります。

04
業務の流れ

私たちが取り組むプロジェクトの流れは、右図のとおりです。
キャリアを積めば係わる範囲が広がります。

  1. その1仕様書を確認し、プロジェクトの目的を把握
  2. その2技術提案書の作成(公表された発注内容・資料を踏まえ、課題の解決方法などを提案する)
  3. その3特定されると受注
  4. その4基本計画書の作成(プロジェクトの進め方、工程などの基本方針を計画)
  5. その5発注先との設計協議(プロジェクトの目的、基本方針の確認)
  6. その6既存資料(測量結果、地質調査結果、前段階設計の結果など)の理解と整理
  7. その7計画・設計のための課題を抽出する
  8. その8抽出した各課題を克服するための検討を行う
  9. その9発注先との設計協議(課題解決策の承認を受ける)
  10. その10本設計(設計計算や設計図面の作成、工事発注のための数量を算定)
  11. その11発注先との設計協議(設計結果の承認を受ける)
  12. その12報告書のとりまとめ
  13. その13納品
  14. その14完了検査の受検(プロジェクトの目的に合致しているか、
    契約の成果物があるかなどを検査される)

05
先輩社員の声

入社5年目。新設橋梁設計のプロとして成長中!

2009年入社 鈴木 仁

  • 技術第2部 技術第2課
  • 名古屋工業大学 工学部卒

仕事を任されるということは、当然責任も発生します。
責任感を強く持ち、様々な状況を検証しながらやり切ることで、技術者としての成長が実感できます。

入社5年目。新設橋梁設計のプロとして成長中!

私の橋梁設計への思いの原点は、高校時代に通学で毎日渡った鵜飼大橋になりますね。スケールの大きさやデザイン性に惹かれ、「こんな橋の設計をしてみたい。」と、いつしか思うようになっていました。だから、大学も迷うことなく橋梁の構造や設計ついての知識を修得できる学科を選びました。しかし、橋を造るというのは、そう簡単なことではないと分かりました。国等が定めた様々な基準をクリアしなければならないのもさることながら、自分自身が技術者として経験を重ね成長しなければ、満足のいく設計はできないと痛感しました。
そこで、就活では、大小様々な橋梁設計ができ、ひとつの案件に一から携わることのできる会社を志望しました。その中で、東洋技研コンサルタントに決めた理由は、会社訪問で接した社員一人ひとりの豊富な経験と知識の幅の広さに感銘を受けたことです。実務を通して培ってきたからこそ、自信に満ち溢れていました。自分が目指すべき設計のプロの姿が見えた瞬間でしたね。
「この会社でなら自分も成長できる。」と確信し、夢の実現に向けた一歩を踏み出しました。

入社5年目。新設橋梁設計のプロとして成長中!

現在は、新設橋梁の計画・調査・設計を行う部署に所属しています。計画場所の現地調査を行い、橋梁のニーズや目的、経済性、さらには自然とのバランスや地域の方々の利便性などを考慮した設計・施工計画の立案が主な仕事になります。発注者(国土交通省や地方自治体など)との窓口となり、協議のスケジューリングなども行っています。
当社の魅力は、比較的早い段階で様々な業務を任されることではないでしょうか。最終的には、発注者との協議、基本計画の作成、概略設計、予備設計、詳細設計など、一連の業務を手掛けることになります。慣れるまでは大変ですが、分からないことは一聞けば十教えてくれる経験豊富な上司ばかりなので心強い限りです。とは言え、いきなりすべての業務を任される訳ではありません。まずは、先輩や上司について業務全体の流れを把握することからスタートしますが、入社後半年ぐらいで発注者との協議に同行することもあります。

この経験は、様々な立場の人の考えを知ることができるので、後々の設計業務に大いに活かされてきますね。そして、小さな案件にはなりますが、徐々に仮橋や新設橋梁の設計を任されるようになり、自分で考え仕事を進めていく割合が増えていきます。多くの人が利用する、言い換えれば、多くの人の命に関わる仕事になりますので責任も重大です。常にベストを追及して取り組まなければなりません。だからこそ、やり切った時には成長を感じることができ、達成感や充実感は格別なものとなりますね。

『絆』を感じて。社会インフラを通して、過去、現在そして未来へと思いを繋げる。

この仕事を通して一番強く感じることは、人と人との「絆」ですね。発注者である国や自治体、計画場所近隣で暮らす人々、工事関係者、さらにはプロジェクトチームで一緒に知恵を出し合う同僚たち。計画段階から詳細設計に至るまで一連の業務を任される当社だからこそ、多くの方との出会いがあり、 感じることができるのだと思います。発注者と地域住民の思いを汲み取り、そして、私たち技術者の知恵を集結する。プロジェクトチーム内では、ベストな設計を目指し、様々な意見を出し合います。時には意見がぶつかることもありますが、「社会に役立つものを造りたい。」という思いは同じなので、 切磋琢磨し結束力を高めることができています。
橋梁に限らず私たちが設計を通して携わる社会インフラは、人々の暮らしや将来の豊かな国づくりのためには欠かせないものです。「利便性」や「暮らしに役立つ」だけではなく、「危険性の未然防止」や「災害時に人名や財産を守る」など、責任かつ社会貢献度の大きな仕事となります。

だからこそ、過去から現在へと引き継がれてきた技術者たちの思いを、現在から未来へと繋げていくことも私たち建設コンサルタントの使命だと思いますね。

チームワークと風通しの良さが当社の自慢です!

とにかく知識が豊富で面倒見の良い先輩や上司が多いですね。
仕事の相談をすれば、自分が期待している以上の答えが返ってきますので、とても助かりますし勉強にもなります。若手社員の意見や考えを聞いてくれる飲み会などもあり、上司、先輩、後輩との意思の疎通も図れています。同じ部署だけでなく他部署とも風通しが良いので、いろんな知識を吸収することができます。ただし、技術者として成長するためには、何でもすぐに聞くのではなく、まずは自分で調べ自分なりの考えを持ったうえでアドバイスを求めることが必要ですね。 「向上心のある人」「課題を解決まで考え続けられる人」「チームワークを大事にする人」であれば、当社で一緒に成長していけると思います。

「向上心のある人」「課題を解決まで考え続けられる人」「チームワークを大事にする人」であれば、当社で一緒に成長していけると思います。
また、当社には野球やフットサルのチームもあります。休日には、仕事のことは忘れ、思いっきり体を動かすことで、リフレッシュ効果は抜群ですよ。さらに、同じスポーツで汗を流す仲間として親睦が深まると同時に、社内の風通しの良さにも繋がっていると思いますね。
どんな仕事でも大変で辛い時もあります。そんな時、風通しが良く、何でも相談できる先輩や上司の多い当社でなら、ひとつひとつ乗り越えていくことが可能です。技術者としての目標に向かって、一緒に取り組める環境がここにはあります。

先輩社員の声つづきを読む

06
技術者の出身校

下記の大学院、大学の先輩が在籍しています。

  • 金沢大学大学院
  • 関西大学大学院
  • 近畿大学大学院
  • 佐賀大学大学院
  • 徳島大学大学院
  • 鳥取大学大学院
  • 福井大学大学院
  • 山梨大学大学院
  • 立命館大学大学院 大阪市立大学
  • 大阪工業大学
  • 香川大学
  • 関西大学
  • 北見工業大学
  • 九州共立大学
  • 九州産業大学
  • 京都大学
  • 近畿大学
  • 熊本大学
  • 国士舘大学
  • 芝浦工業大学
  • 信州大学
  • 大同工業大学
  • 東京都立大学
  • 東北学院大学
  • 徳島大学
  • 鳥取大学
  • 豊橋技術科学大学
  • 長崎大学
  • 名古屋工業大学
  • 日本大学
  • 福山大学
  • 北海道大学
  • 北海道工業大学
  • 北海学園大学
  • 名城大学
  • 立命館大学

07
社内クラブ

私たちの会社では、日々の仕事以外にこんな事を行っています。

野球チームがあります
他の草野球チームとの試合や、建設コンサルタンツ協会近畿支部の大会に出場しています。
フットサルチームがあります
主には、建設コンサルタンツ協会近畿支部の大会で活躍しています。
女子職員懇談会
年に1回、技術部、事業推進部、総務部に在籍する女子職員と役員の懇談会を開催しています。男どもが気づかない事、職場環境などが話題になります。