東洋技研コンサルタント

COMPANY

社長挨拶

東洋技研コンサルタント株式会社 代表取締役社長 宮﨑 平和
東洋技研コンサルタント株式会社 代表取締役社長 宮﨑 平和

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社は、1956年9月に塩見設計事務所として創業し、大阪設計コンサルタンツ株式会社として法人となりました。1972年4月に現在の「東洋技研コンサルタント株式会社」への社名変更を経て、2012年4月に、創立50周年を迎えることができました。これも一重に発注者をはじめとする顧客の皆様、株主様、役職員やご家族の方々、諸先輩の方々等、多くの関係者の皆様からの温かいご支援、ご指導の賜と深く感謝申し上げます。

さて現在、我国を取り巻く社会・経済環境は、グローバル化や少子高齢化など、価値観やニーズがますます多様化・高度化しております。さらには、東日本大震災、紀伊半島大水害等のこれまで経験したことがないような自然大災害が起きるにつけ、社会資本整備の在り方が問われますが、公共事業を取り巻く環境は、その財源問題など、極めて厳しい状況であることに変わりはありません。

今後、私たちは、これらのニーズを的確に把握し、安全・安心で快適な生活環境、少子高齢化社会に対応した社会基盤整備に少しでもお役に立つ企業として、高品質の成果品を創出し、良質なコンサルタントサービスの提供によって、貢献してまいります。

これからも、社員一同研鑽に努め、高い技術力と豊かな創造力を兼ね備えた"提案のできる技術者集団"を目指して努力して参りますので、 今後とも更なるご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。